理解した上で行おう|海外不動産を所有して資産運用をしよう|投資初心者も大丈夫!

海外不動産を所有して資産運用をしよう|投資初心者も大丈夫!

男の人

理解した上で行おう

マンション模型と書類

自身がアパートやマンションのオーナーになった場合、不動産管理を行なっていく必要があります。さらに、家賃の徴収なども行なっていかなければ行けません。最近ではサラリーマンなどが不動産投資を始める事が多くなっていますが、働きながら不動産管理などの業務を行なっていくとなると大変でしょう。そのような場合は、サブリースを行なうことで問題が解決出来ます。サブリースとは、わかりやすく言えば又貸しのことです。不動産会社に一棟まるごと貸すという賃貸契約を結びます。そうすれば、空き室になった際の対策や家賃の未払いなどの心配をする必要もありません。不動産会社から一定の収入を得ることが出来るので、賢い不動産投資方法と言えます。

サブリースの契約を結ぶ際には、知っておきたい項目があります。それは、契約賃貸料が定期的に改訂されるということです。基本的には2年ごとの改訂を行っている不動産会社が多いようです。改定によって、契約料金が上がることもあります。しかし、空き室が増えてしまったり、土地の価値が下がったりした場合には、契約料金が下がることもあります。そして、本来であれば家主のもとに入ってくる礼金や更新料は、不動産会社のものになります。その点は、きちんと理解しておきましょう。そうすれば、のちのち不動産会社とのトラブルを避ける事が可能です。これらのことを理解した上で、サブリースの契約を結べば、快適な不動産投資が可能になります。